Nagichan blog

夢かもしれない - 好きなものと観劇感想あれこれ

「ビー・モア・チル」感想


東京公演終わったらブログ書こうと思っていたのに、バタバタしていたらもう千秋楽目前に…。
ということでミュージカルBMCの感想です!

ブログ書くの久しぶりすぎて文章が下手…!

youtu.be

雑多な感想

感想。マイケルが良すぎた…
初見の時は推しを追いかけるのに精一杯で(ほんとは良くない!)台詞も歌詞も拾い切れてなくって、
ネットで有識者のみなさまの解説を読んで、色々な背景・設定を知ってびっくり!

バスルームのマイケルは毎回凄かったんだけど
仮装のマスクを投げ捨てる仕草が荒っぽくなっていくのが好きでした…。
曲の途中で自嘲したり感情ダダ漏れで泣きそうになってたり
普段飄々としてる子が感情をぶちまける瞬間にグッときてました。最高…。
あまりにも良すぎて、曲終わりにもうちょっと余韻をくれ!!って思っちゃったくらい。笑

♫さあ出番だマイケルーー!は格好いいし、
クロエとブルックがシンクロしてるときにジェレミーと手取り合ってるのはかわいかったし、
ふたりプレイの最後に"GAME OVER" の文字の前で不敵に笑ってるのもほんとに良かった……
あとだぼだぼパーカーがひたすらかわいい〜。
加藤清史郎くんは前回ニュージーズで見たんだけど、ニュージーズも相当ツボだったから、
清史郎くんが演じる役に沼りやすいのかもしれない…。

ジェイクのあっきーは見てて楽しかった!笑
ジェイクとしてのソロパートはちょこっとだったけど、響き方が好きで!
歌が上手い人って同じスピーカーから出てる音とは思えないような響き方をすると思ってるんだけど、(過去何回か経験してびっくりした、他と比べて際立ってるとわかる)
あっきーの歌も大きい会場とかグラミュで歌い慣れてる人の響きになってる…と何だか感動しちゃいました。

残響の残り方が綺麗というか…

ジェイク以外の場面では色んな姿が見れて楽しかったのだけど、
スマホアワーのあきこにジェイクの家が燃えてるのにめっちゃ踊るじゃん…ってじわってました。

全速力で駆け込んでくる木戸さんのユニコーンとセットでツボっちゃって…笑

木戸さんのリッチはいつも様子がおかしくって面白かった…
スクイップが入ってる時の歌とあの動き!
ガールズに混じってきっとタイプの人で満面の笑みで踊ってるのがツボでした。


ジェレミーの藪くんは回を追うごとに歌が伸びて良かったです!

特にLGWなんて別人かなと思うくらい!
あとは笑いどころがわかりやすくなってる気がした…キモさがわかりやすくなったというか(褒めてます)!

クリスティーの小百合さん、ちょこちょこ歌い方がツボだったのだけど、

♫頭はブー、心はワァオ! と♫声は聞こえるの〜 が特にどストライクでした!

ガールズのるきちゃん、ダンドイさん、ラリソンさんは大優勝でしたね!!!歌がうますぎる〜!!

ブルックの♫キスしてーー!今でしょーー!の勢いに毎回謎に感動!

♫送るわよ〜もキュートだったなあ…
日本の作品の下ネタってベタっとしてて勝手に気まずさを感じちゃうんだけど、
BMCはテンポが早いからか海外演出だからか無駄ないやらしさがない下ネタ(とか単語とか)でさらっと進んでいったのが良かった…!

まとめ

アメリカのハイスクール事情を知っていたらもっと楽しめるんだろうなと思ったけど、「ハイスクールミュージカル」と「ジェイミー」を見た程度の知識の私でもちゃんと楽しめました!

海外のレプリカ公演ということで演出も楽しみにしてたのだけど、総じて楽しかった〜…!
会場に入った瞬間に見えるネオンのセットとSFっぽいBGMでテンション爆上げだったし
休憩中のBGMもピコピコしててかわいかった…日本版サントラ出しませんか?

しばらくはBW版と初演版のサントラをリピートする日々が続きそうです!
明日の大千秋楽、最後まで何事もなく駆け抜けられますように…!!

ドラマチックライブステージ「アイドルマスターSideM」 感想

ドラマチックライブステージ「アイドルマスターSideM」:通称サイステを観てきました〜!
他の記事を観ていただけるとわかると思うのですが、
私は観劇おたくとSideMのカフェパレPをしています。

SideMに人生変えてもらったレベルで思い入れがあるので、舞台化が決まった時は手放しで喜べず…。
観に行くかかなり迷ったけど、行ってよかった〜!観てよかった〜!!
少しでもサイステに興味がある方は観てみることをおすすめします!

※この先内容に触れてます

全体的な感想

構成は前半がサイスタ、後半が舞台オリジナル展開、ラストがライブパートになっています。
100分という短い時間でうまくきゅっとまとまってるなあという感想です。
原作の世界観からはみ出ることもなく、わたしの知ってるSideMの世界観と地続きなのが嬉しかった。
観劇後さわやかな気分になれたのがSideMっぽくて良かった…。

サイスタパート、クラファはメンバー同士の会話が少なめに感じて、
もっと個々人の掘り下げを観たかったなとちょっと物足りなさを感じました。
(ゲームだとエピゼロとかで補完できるけど、舞台上ではイマジナリーPとの会話だけでおわっちゃうので。)
あとクラファのお芝居は公演が進んだら色々進化してそうだし、変わってると面白いな〜。
追記:公演折り返したところでリピート観劇したら、百々人が進化しててかなり良かった…!

オリジナルパートは各ユニットのメンバー同士が会話するシーンが好きでした。
年下と接する時のドラスタの姿勢とか、各キャラクターの新しい一面が見えて楽しい。
あとは台詞がない時のオフ芝居を観るのが楽しい、
サイステは主役っぽい主役がいない群像劇だから多ステしたらもっと色々発見できそう。
テニミュのベンチワークと同じで、こういうところにリピーターがつくと思ってるから、徐々に増えるといいな…(小声)

ライブパートは315でした〜…!
お芝居ときっちりパートが分かれてるのでそれぞれに集中できるし、
ライブパート前に流れる舞台袖の映像が本当によくって…!(アングルにじわりましたが)
ライブに向かうアイドルたちの背中が格好良かったし、
「紆余曲折あってもステージの上に立ったらアイドル」という構造がわかりやすくて新鮮でした。
観客(=銀河劇場の客席に座っている私達)の役割がPからライブの観客に変わるからかな。
アニメの最終話と同じだけど、実際に目の当たりにするとライブパートのきらきらが増し増しでぐっと引き込まれました。

そして締めはドアラ!
ドアラを歌うキャストさんたちを見て、サイステもSideMのプロジェクトの一部なんだな〜とじんわり思っちゃいました。
うーん。あんまりうまく表現できないな…
ちなみにペンラ降るのが超楽しかったです。実家のような安心感!笑

追記:
今回、観劇おたくの私とSideMおたくの私のどっちの人格で舞台を見るんだろう?と自分でもわからなかったんだけど、
劇場に行ったら観劇おたくの私が勝ちました!笑
もちろん声やビジュアルも2.5においては大事な要素だと思うのだけど、
私がときめくポイントはキャラクターの持つ種というかエッセンスがどれだけお芝居に反映されているかだということに気付けたのが大きかったなー!
(というのを三好さん、大見さんのインライを見て言語化できました…。)

各キャスト感想

特に印象に残った方、個人的に好きな方をピックアップしていきます〜

★天道輝役 加藤良輔さん
輝だ〜〜〜!?
声が「っぽい」ではなく、ずーっと輝のままで本当にびっくりしました!すごい!
クラファ、ハイジョと並ぶと成人男性感が強い〜!革靴だからか〜!?
こういうハイテンションな男性いるよね、って思えるような絶妙な輝で好きでした。
輝と薫の喧嘩はもう少し掘り下げて見たかったな感はある。
そしてダンスがめちゃくちゃうまい、目線泥棒すぎる。
ライブパートで踊りだした瞬間にうまいな!!!ってなるしずーっと見ちゃう。
ドリライ7thの映像でしか見たことなかったので実在してる…!と思いました笑

★秋山隼人役 櫻井圭登さん
サイステを観ようと決心できたのは、前からお芝居がとても好きで信頼している圭登くんと三好さんがいたからなんです。
2人がSideMの世界で生きているのを見てみたくって。
圭登くんの隼人は2.5だけど2次元に寄りすぎていないお芝居で見ていて安心!!
めちゃくちゃかわいくてびっくりした、リーダーだけど弟っぽさがあって良かった…。
本物すぎる四季の土屋さんとわちゃわちゃしてるのを永遠に見てたい…かわいかった…。

★山村賢役 三好大貴さん
三好さんの山村は語尾がまんま山村でびっくり〜!!
ストーリーテラー的な立ち位置でアイドルたちを見守ってる姿に和みました。
あと萌え袖と歩くスピード?姿勢?がゆったりで妙にツボでした。
もっと山村見たいなー。

★若里春名役 高橋祐理さん
初めて見た高橋さん、ナチュラルなお芝居がとっても好きでした。
こういう高校生いそうだなと思えるリアルさが好き。あとモテそう!!
百々人と翼とのメンタル会パートがサイステの中で一番好きなお芝居かもしれない…。
ライブパートはドラム本当に叩いてる?ってくらい当て振りがうまくて春名の解像度がぐっと上がりました!
春名推しは、本当に、見たほうがいい…。
追記:ドラムは当て振りじゃなくって本当に叩いてるかも?
噂のスティック回しも格好良すぎた。みんな見て。

★天峰秀役 北川尚弥さん
超〜天峰なんだけど、圭登くんと同じで2.5に寄せていくバランス感覚が凄いな〜と思いながら見てました。
あとは顔が小さすぎてオペラグラスで見ないと表情がわからない!笑

生身の人間が演じると天峰の自信家なところがよくわかったし、天峰秀の越前リョーマが俄然見たくなった。笑
輝と薫が喧嘩した後、輝に即物分りの良すぎるフォローを入れる秀が好きすぎる。

★伊瀬谷四季役 土屋翔さん
伊瀬谷四季そのまますぎてびびった。
サイステMVPです、四季わんがそこにいた…

その他 雑感

細々とした感想です。

薫と鋭心の会話が業務連絡っぽくて面白い 2人ともあんまり感情表に出さないもんね…。
社長メッセージを聞いてる時の翼が、お目々がきらきらで表情もだんだんにこ〜っとしてくのが可愛すぎました。他のみんなが淡々と聞く中、すごくよかった。
夏来の声は単体だとちょっと浮いて聞こえるけど、旬や春名と掛け合うとちゃんと"馴染む"のが不思議、なんでなんだろう〜
序盤の方にハイジョメンバーが下手側に固まって踊るシーンがほんの一瞬あるんだけど、
キラッキラしすぎて本物のアイドルだったし5人ともダンスがキレッキレ!
こんなん即ファンになる。笑
ライブ用のコメント動画を撮るシーンで、
鋭心の後ろで映り込もうとしてる輝と、秀のポーズ真似する春名とはしゃぐ隼人が可愛すぎて目が足りなかった
ライブパートは録音と生歌が4:6くらい?2階席だと被せの生歌もちゃんと聴こえました。
全体曲で控えめに手合わせるドラスタがかわいい
SideMの世界観って本当に優しくて、そこが大好きなのだけど、舞台でやるとなるとストーリーの起伏が難しいのかな…。
焦点をぐっと絞ったり見せ場があるともっと惹かれるんだけど、
それをやると原作から離れるような気もして…第一弾としては良かったのかな。


千秋楽は配信もあります! サイステ、観よう!!

https://sidem-stage.idolmaster-official.jp/dramatic_live_stage/streaming/

「ラ・カージュ・オ・フォール」感想


推しが…日生劇場に…立ったぞ〜〜〜!!!

ということでミュージカル「ラ・カージュ・オ・フォール」を観劇してきました!
日生劇場で3回見る予定でしたが、うち1回が休演になってしまったので
日生で2回、川越の大千秋楽を見る予定です!

予習はあまりせずに公式サイトのストーリーと宣伝動画しか観ていなかったので
どんな雰囲気の作品かわからずに日生劇場に向かったのですが、本当に楽しくって!!!
昔からのグランドミュージカル作品でこんなに明るい・楽しい気持ちになれる作品があるとは!!
テニミュといい、今年の観劇はハッピーな気分になれて嬉しい限り…笑

youtu.be


各キャスト感想

※内容に触れているのでネタバレ注意です!

鹿賀丈史さん
最前列に座った回で、冒頭のボンソワール!で見事に撃ち落とされました…!笑
いい感じにテキトーなんだけどナイスダンディ!で格好良かったな…
♫砂に刻む歌 も素敵すぎて永遠に見ていたい。君と腕をでのステップはトニー賞で踊るフレッド・アステアを思い出しました。
ザザを見守る時、ジャンミッシェルを見守る時の表情が、台詞がなくても全部伝わってくるようで
じっと見てしまいました…。
ラカージュで1番好きなシーンはジャンミッシェルがジョルジュにジャケットを着せてあげるところと、
ラストのジョルジュとザザが二人で腕を組んで去っていくところです!!!美しすぎる!!!

市村正親さん
ずっと女性に見えてたから♫男のレッスン のときの違和感が物凄かった…!
♫マスカラ で化粧する時のアイシャドウがぎらっぎらで本当に可愛いんだけど、どこのなんだろう〜!笑
ジョルジュとザザのラストシーンで、二人がお互いのことをどうして好きなのか・大切にしているのかが言葉じゃなくて空気感で伝わってきて色々なことがストンと腑に落ちた。
自分でもびっくりしたんだけど、ああ、だから2人は20年も連れ添ってるんだなぁってわかってとてもよかった…!

内海啓貴さん
本当に良かった…!!
贔屓目ですが、アンヌと腕をの♪夢うつつ~↑とか、♪散歩してる↑みたい〜の高音部分に
あっきーっぽさが出ててめちゃくちゃ良かったです…!
「さよなら結婚ッ!!」も「ごめ〜んね☆」もジョルジュに頭はたかれるのも大ウケ◎
日生劇場にいることを忘れるくらい笑ったし、リラックスして観れて本当に楽しかった…!

観る度にジョルジュとの親子感が増していてかわいい。ジャケットを着せるところ、ハグするところ、ずっとにこにこしてて胸がいっぱいになりました…
絶対に忘れられない光景(TT)!
あと、ジャンミッシェルはゲイに対して偏見を持っているのではなく、ただただ過保護な親に対して反抗しているのが伝わってきて良かったな…。
バーイベでアラジンの自慢の息子を歌ってくれたときにも思ったけど、息子役が似合う。

休演明けの公演では、見てごらん(リプライズ)で(表情は見えなかったんだけど、声的に)うるうるしてた?
あとカテコでめちゃくちゃ泣いていて貰い泣きしそうになりました(本人もツイッターで言ってたしいいかな。笑)
公演が再開できて、各都市公演も回れて、本当に良かった!!

小南満佑子さん
踊りが美しすぎる!!このカップルがかわいい2022大賞受賞です(勝手に)。
「ホモだぞ!?!?」「ご本人たちはわかってらっしゃるわ!!」が好きです、それはそう!笑
フィナーレのバニーちゃんがかわいいすぎます…かわいい…。

今井清隆さん、森公美子さん
2幕からなのにこの濃さ、ダンドン夫妻!笑
マスコミから夫を守るためにフィールドになるもりくみさんに毎回新鮮に笑っちゃう。大好きです笑
市村さんがもりくみさんを笑わせにかかってるのも好きだし、つられて笑っちゃうキーヨさんも好き 笑

香寿たつきさん
ジャクリーヌとザザとジョルジュの伝統芸みたいなやり取りがテンポよくって大好きです!!
♫今この時 も大好きすぎてジャクリーヌパートばっかりリピート再生しています。

2009年版のサントラ、買えます!

mall.toho-ret.co.jp


カジェルのみなさん
ショーパートが楽しすぎる…!!
中盤のフレンチカンカンは応援の気持ちも込めて手拍子してます!
塩田先生が一緒に踊ってるのも楽しすぎるし、舞台袖でキャストさん?スタッフさん?が手拍子してるのも見えて泣けちゃいました。
あと、ビテル役のみことくんがタップダンスのパートでどセンターにいるの本当に良いし、
キラッキラの笑顔が推せる!!

その他雑感

・ラカージュベテラン勢の先輩方の手拍子がすごすぎて…!安心して拍手のタイミングなどついていかせていただきました!!
・♫男のレッスン の男たちの衣装が古き良き時代のミュージカルって感じで大好きです。
・この台詞で笑って良いのかな〜と思う所もあったけど、何年か後には笑いが起きなくなってるかもしれないし、この作品のテーマは"家族愛"だと思うので自分はそんなに気にならなかったかな。


素敵な作品に出会わせてくれる推しには感謝です!
ハッピーになりたい人、ラカージュを見よう!!!

アイドルマスターSideM 6thライブ@北海道 感想


SideM 6thライブ、オーラスお疲れ様でした〜!!!

北海道楽しかった!!!!
今回初めてツアー全通したのですが、
自分が全通するのも予想外だし、その対象がSideMだとも全く想定してなかったし
何があるかわからないですね…

今回は2日間ともスタンド後方だったので
この席ならでは〜とか近距離ならでは〜な感想は特にないのですが、
自分が楽しかった記憶を残しておきたいと思います。

nagichanblog.com

nagichanblog.com

DAY1

03.PROOF OF ONESELF
1日目…というより今回の北海道はTHE 虎牙道の仕上がりがものすごかった。そりゃあもうすごかった。
東京2日目にブチ上がった曲だったからまた観れて嬉しかったー!
何回見てもキレッキレの殺陣でテンション上がりますね。


04.Happy-Go-Unlucky!
ストーリーのある演出が素敵…!
プルワンで上がった炎を消す仕草から曲が始まって、ペンキ塗りたてのベンチに座っちゃったり…
かと思えばファンサ連発したり、ステージを縦横無尽に駆け回ってて見ていて楽しかった…。
最近アイドルにハマっているらしい濱くんのパフォーマンスが素晴らしかった〜!!

05.GO AHEAD SMILE!
まさかのトラクター(?)が可愛いすぎたしアクロバットも披露してくれたし
何より100点満点のアイドルスマイルが眩しかったです。
このツアーを通してまっさんのアイドル力(ぢから)に脱帽しまくりだったし、
理想のアイドルの姿を演じてくれてありがとうの気持ちでいっぱいです…。

13.いつかのトライアングル
いつトラ、良いですよね…
失恋バラードソング、趣がありすぎる…
東京ではトロッコ曲でしたが、今回は真正面から表情が見えて大満足。

14.RAY OF LIGHT
この1曲を見れただけで北海道に来た甲斐があった。
それくらい本っ当…に良かった!!!
正直、ラスト1曲にこんなに心を持っていかれるとは思わなくって…!
私が虎牙道Pだったら一生付いて行くって思ってただろうなってくらい最高のパフォーマンスでした!
(北海道新規の漣Pになりそうです…)
中盤のカメラマンさん相手の殺陣の時点で破壊力満点で…
漣とタケルはこんな笑顔で戦うんだな〜とか道流さんかっこいいな〜とか思ってたのに、
落ちサビ前で照明真っ暗になって!
からのメンカラのスポットライトでひとりずつ順番に照らされていくところが本当に格好良くて!!!!
(配信ではバストアップになってたけど、遠目で観ると映えて格好良かったんだよ〜!)
ステージに確かにTHE 虎牙道が"存在"していたし、場の空気を掌握していて息を呑んでしまいました。
SideMくんは割とカラフルな映像とか照明が多いからこそシンプルな演出にぐっと来る。
最後に315プロ全員で殺陣も最高に沸きました…。FRAMEが二刀開眼してた。
他Gが殺陣してる間は虎牙道メンバーがぴたっと止まってポーズ決めているのも良かった…
曲が終わってからしばらくスタオベ状態だったし、MCに入ってからもしばらく拍手が止まなかったのが全てだと思っています…!
まさかまさかSideMのライブでショーストップ状態(実際にストップはしてないけど!笑 )を経験できるとは思わなかった!!
あの時の会場の熱気を体感できたのが嬉しいし、最高だったな〜…。
これだからオタクは辞められない…。

その他覚書
・北海道でも北斗とデートできました。カメラ芸がすごいのよ! ビブラートが好きです!
神原さんの歌声がセキスイハイムアリーナの音響と1番相性が良かったのでは?
・たかぴのビジュが仕上がりすぎていた、このままプデュとか出れそう
・濱くんが冒頭のMCで「後ろも見えてるからな!」って言ってくれて嬉しい〜!
・アンコール待ちの時間が何気に好き。

DAY2


01.NEXT STAGE!
6thツアーで聞ける最後のネクステだと思ったらいつも以上に楽しかった…!
しゅごんの声がガンガン聞こえてきて本当に歌うまいなあと思ったし、
全員ユニゾンの時も芯が一本通ったような感じがして聴きやすい&安定感が凄くてびっくりでした。

03.漢一貫ロックン・ロール
オペラ覗いてたらクリエにいる気分になって、自分でも不思議だったんだけど、
途中でもしかしてGREASE!?と気付いて笑ってしまった笑
ひとりでアリーナを埋められる存在感とパフォーマンスがとっても良かった〜!益山さんってこんなに綺麗に踊るのね。
にゃこと一緒の後ろ姿が格好良すぎました♡

08.With...STORY
比留間さんがものっすごく良かった…!
あんスタも含めて比留間さんが演じる"アイドルキャラクターのパフォーマンス"は多分全部観てるんだけど、一番良かった…!!
歌声の透明感が素敵でアーティストっぽくも聴こえた、ミディアムバラードが似合うのかな〜なんて思ったり。
メインモニターに映る人が入れ替わるのも好きでした◎

09.THE FIRST STAR
本人も輝とシンクロできたって言ってたけど、
客席から見ても仲村宗悟と天道輝が重なって見えるステージでした!!
しゅごんの歌声はまっすぐに客席に伝わってくるし、
どんな席に座ってても(ステージ上から)見てくれてるのかなって思わせてくれるところが好きです。

12.Compass Gripper!!!

熊ちゃんが自分のパートじゃないところもずっと口パクしてて可愛かった…。

13.勇敢なるキミへ
会場の一体感がピカイチ〜…!
観る度に間奏のアクションがパワーアップしてるんだけど、足の上がり方が綺麗すぎた。
早くFRAME呼びたいよね…。

その他覚書
・最初のMC、みんなで盛り上げてくれて嬉しかった〜!
・ラストのMCで濱くんの声のデカさにびっくり(マイク外しても普通〜に聴こえた)
・彩2人のソロ曲はバックダンサー制復活(?)とセットの雅さに湧いた。
・F-LAGSの挨拶……(泣) これからも応援させていただきます…!

半年間、SideMのツアーが定期的にある状況が本当に楽しかったし
ライブに行く度に元気と勇気と、沢山のものを貰いました。
私の人生はSideMに支えてもらっています…。

7thも決まったことだし、半年後、胸張ってSideMの現場に行けるように
日々の生活を頑張ります!





「新テニスの王子様 The Second Stage」感想

まさか2022年にこんなにテニミュがぶっ刺さるとは思わなんだ……

ということで、ミュージカル 新テニスの王子様 を観劇しました!
うっかりハマってしまいリピートもしました!

そもそも、今回現地で観劇しようと思ったきっかけはリョーガ役・井澤さんのツイートでした。

…凄くない?
バチバチカッコいいお兄さんがここまで楽しそうにしてる新テニミュって一体?!と思い、
(元々ばっちと岡本さんの歌が聴きたくて配信は観ようとしてましたが)チケットを購入。

2回とも当日引換券で入ったのですが、
1回目はなんと最前列上手側見切れをゲット…!
3バルから眺めるつもりだったのでいきなりの最前に動揺しまくり…。
ほぼ真横から舞台を眺めることになったので中学生ベンチと映像は全く見えませんでしたが、
それでもやっぱり最前列って凄い…! キラッキラのオーラを浴びまくれました。
2回目は東京楽で、2バル下手側でした◎
初回は見れなかった景色が見れて楽しかったです〜!

youtu.be

全体的な感想

当たり前なんですけど、テニミュってテニスの物語なんだな…と思いました。
いや、本当に当たり前なんですが!笑
時々ミュージカルを見てるのかテニスを見てるのかわからなる瞬間があって!
ピンスポの効果はもちろん、
ベンチでもみんなが視線でボールを追っているので本当に球が見えた気がしました。脳のバグ。

それから、キラキラオーラがすごい!テニミュにしかない特有のキラキラ感ってありますよね…
登場人物のキャラも濃くて、1幕の時点で盛り沢山すぎるからちょっと待ってとなりましたw

そしてキャストの歌唱力が素晴らしかった〜!シンプルに歌が上手い人が好きなので大満足でした。
1幕ラストの鬼VS平等院の曲を聞いているときに、ふと今日はシャンテ寄ろうかな…と頭をよぎったのですが
ちがう!今日は日比谷じゃない!!と我に返りましたw

グランドミュージカルの作品は悲劇系が多かったり暗かったり余韻が凄かったりで
笑顔で終われる作品ってそんなにないけど、
テニミュは最後にディスタンスがあってハッピーな気分で帰れるのが物凄く良いなと思いました。

各キャスト感想

みんな大好きなんだけど、特に印象に残ったキャストの方の感想を!
本編の内容に触れてますので注意。

リョーマ役 今牧くん、キラッキラオーラ全開で眩しすぎる〜!!
やめろ徳川さんが好きです。セットも背景映像もなく、舞台上にリョーマ一人になるのが良い。
あとはリョーガとのデュエット曲が大好きで!リョーガから手を握ったあとにリョーマがちょっと遅れて指きゅってするのがかわいすぎる。
曲中盤のポジションが背中合わせ→リョーマだけ背を向ける、に変わっていたので大千秋楽ではどうなるか楽しみ。

跡部役 高橋怜也くん、一番負けん気を感じました…!ワンマンパワー♫はビリビリと気迫を感じる。
ディスタンスのフェイクは聴いてて楽しかったし、岡本さんとにっこにこ歌ってて微笑ましかった。
多分すぐに東宝ホリプロ作品に出るんだろうなあ(出てほしい)、でもその前に4thで見たい!

ブン太役 川本くん、優しい声が好きでした〜!にじみ出るお兄ちゃんっぽさ。
キメの目元ピースがかわいすぎる、アイドル? かわいいしかっこいいし最強では?
歌もぐんぐん良くなっていて良かったです。
「信じて良いのか…?」がツボでした、何回でも聞きたい〜!

金太郎役 平松くん
鬼との天衣無縫ソングが大好きです。二人から放たれるプラスのパワーが凄まじくってこちらまで笑顔になっちゃいました。(金太郎が鬼のおっちゃんって呼ぶから段々親子に見えてきちゃう笑)
どの瞬間を切り取っても100%金太郎!

鬼役 岡本さん、歌声に浸りつつも時々トンチキ歌詞にじわってしまうのがテニミュだなー!!
天衣無縫ソングの♫お前の技にぶったまげえ〜↑↑が好きすぎます。

平等院役 佐々木さん、1幕最後の鬼とのデュエットが凄まじい。好きです…!(私の中では日比谷ソング)
ベンチや全体曲ではお茶目な一面が見れてギャップにやられてました。
2019エリザで観てたので、新テニミュで観れて嬉しいです!!
エニシング・ゴーズも中止にならなければなあ…!(悔しい)

種ヶ島役 秋沢さん、全くノーマークだったんだけど見事にやられた!!
立ち姿も動きも格好良くて、表情よりも全身を観たくてオペラを外してました。
全ての瞬間がキマってるんだよなあ〜
そして観劇1回目から2回目の間で最も進化を感じたのが秋沢さんでした!
♫Nothing、かなり難しい曲なんじゃないかなと思うんだけど、正解の音をバシッと決めてきて音の輪郭がシャープになった気がしたし、
声色もころころ切り替わるしでうわーー!うまーーーー!!となりました…
ハマっちゃだめな沼No.1な気がしています、、笑

リョーガ役 井澤さんはツボに刺さりました…
飄々としていて弟思い、観た人全員好きになるやつ!ズートピアのニックみたいだな…と。笑
お芝居も歌もダンスも自分の魅せ方をわかってるな〜!と思う瞬間が沢山あったのですが、
技術が沢山あるからこそあざとく見えないし、表現の仕方も豊かだし観ていて飽きない!
ソロ曲の声色と、リョーマアメリカに誘う時の目が大好きです。
ディスタンスで指差しをくらってしぬかとおもいました…
井澤さんのツイートを見てなかったら新テニミュ2にドハマリすることもなかったでしょう。
大感謝です!!!
余談ですが今回初めましてかと思ったら五番目のサリーで見てました。
(五番目のサリーは物語を理解して飲み込むのに必死で、誰のどこの演技が良かったとか
語るに至らず&キャストの名前をよく観ていなかった ^^; )

入江役 相葉さん ばっち!!
あの音圧で♫向かうところ敵なし〜 って歌われたら本当に怖いものなしに思えるし、
♫やばすぎる爆発もんだ〜〜 も何だかよくわかんないけどとにかくヤバいんだろうなと
押し切られちゃいますね。笑
アンジョのときもキラキラしてるなあと思ったけど、テニミュでは桁違いにキラキラしてた。
医務室でのはじけっぷりも、キラキラダンスも、見れるのは新テニミュだけ…!!

遠野役 輝馬さん、かなりクレイジーな役なのにキャラクターとしてちゃんと成立してるし説得力もあってただただ凄い。 嘲るような歌い方が好きです。
マイクオフの台詞に笑ってしまいましたw

コーチ陣 村上さん、進藤さんにはどのキャストよりも2次元感を強く感じました!
お二人とも本当に漫画の世界から抜け出してきたようでした。
日に日にコーチの歌が色っぽくなっていってラテン出身みたいになってた笑
そして南次郎役の松山さん!!南次郎がアメリカでのエピソードを話す時、
リョーマ!では映画館で聞いていた声の主を、テニミュでは目の前で観れてるんだよな〜とじわじわ感動。
すごいメディアミックスだなと…。 テニプリって凄い。

その他雑感

・ネットを動かす黒子の出捌けの動きが洗練されすぎていてすごい。
一切の無駄・迷いがないので美しい〜!!
・チェンジ!チェンジ!チェンジ!!を初めてみた時に、綺麗すぎて浄化されるかと…
限界OLによく効く。
・アサシンの曲、今回の作品中で1番好きかも。こんな変拍子の曲をテニスしながらよく歌えるな〜!
・小野さんは1st(配信でしか見れてないけど)から歌唱力がグンと上がっていたのが
物語中の徳川とも重なって二重の意味でエモかったです。

テニミュ2に出会えてよかった〜!テニミュに出会える人生で本当に良かった〜!!

今日の大千秋楽も楽しみです!!

「ラ・マンチャの男」感想


ラ・マンチャの男の初日を観に行ってきました〜!
私なんぞが感想を述べてしまっていいのだろうか…と思いブログは書かないつもりだったのですが、
公演休止が続いてしまっていて悲しいので
ラ・マンチャ最高だったよ!ということを残すために書きます。(結局書くんかい!)

★公演初日のニュース

www3.nhk.or.jp

youtu.be

全体的な感想

終演後、「ものすごいものを観た!!!!」と思いました。
気がついたら物語が始まっていて、ラマンチャの男の世界に入り込み、
あっという間に終わってしまった感覚。
途中休憩が入らずに2時間ちょっとでテンポよく進むのが良かったです!

事前知識は「ラ・マンチャの男」と「見果てぬ夢」を聴いたことがあるくらいだったんだけど、
やっぱり知っている曲がくるとテンションが上がりますね!
ラ・マンチャの男」で目線が上めになる瞬間があったんだけど、目が合った気がしてキュン!笑
「見果てぬ夢」は曲に入る少し前からBGMとして流れ始めて、ワクワクが止まりませんでした…!!
私はラ・マンチャの男も、松本白鸚さんも初めて拝見したのですが、
松本白鸚さんが歌い出すと無条件に泣きそうになってしまい…。何ででしょうね。心が揺さぶられるってこういうことか、と思いました。
自分が生まれる前から…何なら自分の年の倍…半世紀も同じ役を生き続けているって物凄いです。想像もつかない…。


好きなポイント、雑感など

♫あの方のことを考えてばかり、このナンバー本当に好きでした(語彙力皆無)
神父役の石鍋さんの歌声が好きすぎてずっと聴いていたいくらい!
(私の記憶が正しければ)セルバンテスが演出をしている姿を唯一見れるシーンで、
劇中劇の構造を視覚的に楽しめて良かった。
他のナンバーもスペイン音楽がどストライクで好きでした!

光夫さんがかなり若手に見える…笑
鏡の騎士のシーンはいきなりディズニーヴィランズが出てきた感あった

サンチョの駒田さん、かわいすぎません?

・大乱闘おじいちゃん〜〜!!

本作品に限らずですが、アブダクションのようなシーンを見ると、このシーンは必要なのか?と
考えてしまう。文脈的にわかるし良くない?と思ってしまいます
舞台的な表現として割り切って観るのが正解なのか?とモヤモヤしてます〜。うーん
(最近見た映画版WSSのアニータのシーンは直接的な描写はなかったけれど心臓がバクバクしてしまい。単純に観るのが辛い)

正直なところ、台詞が聞き取れなかったりしたんだけど、
台詞がどうこうとかそういうことじゃないんだよなあ!!という気持ちで大感動したのは
作品のパワーなのか俳優の良さなのかなんなんだろうか…

物語のラスト、全員が歌う「見果てぬ夢」が胸に迫りました。
ありのままの人生で良いと折り合いをつけずに、理想を求める…険しい道だけれど人として美しい姿を見ました。


残りの公演が再開できることを祈っております…!

「だからビリーは東京で」 感想


先日、「だからビリーは東京で」を観劇してきました!
とにかく評判が良かったのと、「ビリー・エリオットに憧れた青年の話」と聞き、
ビリーオタクとしては観ておかなきゃ!と思い滑り込みでチケットを取りました。

私がビリーに狂っていた頃のブログはこちら。

otaku-me.hatenablog.com

otaku-me.hatenablog.com

otaku-me.hatenablog.com


ビリーオタクの感想

さて、まずはビリーオタクが観た「だからビリーは東京で」の感想から。

・結論。最初から最後までビリー・エリオットのオマージュが散りばめられていたし、
ビリー・エリオット(本編)のストーリー順になっていることに感動しました。
・開演前、舞台の両端に並ぶ椅子と中央の自転車を観て赤坂ACTシアターが蘇る…。
始まる前からビリー・エリオットを感じ取ってしまい、感無量です…。
1年半ぶりに舞台で聴くElectricityがまさかあんなド修羅場の地獄みたいなシチュエーションだとは!笑
爆笑しながらも、これがビリーになれなかったビリーか…とパラレルワールドを観ている気持ちに…。

・凛太朗のお父さんは結局変われず、凛太朗はビリーがお父さんを変えたのが羨ましいと言っていたけれど、
私はウィルキンソン先生の存在も大きかったと思っていて。
自分以外にもビリーの才能を全力で信じてくれている大人(第三者であり、階級も違う女性)がいたから、
客観的に見てもこの子は凄いんだとビリーパパは思うことが出来たんじゃないかな。
あと、ビリーパパには気にかけてくれる炭鉱夫の仲間も居るし、トニーもおばあちゃんも居るし、
ビリーとパパの世界は1対1じゃなくてn対nだと思う。
それに対して凛太朗と父の関係性は1対1に見えたし、父がどうにもならない足枷になっていて
見ていて辛かった…。

・もしかして凛太朗父はビリーのおばあちゃんの夫なのかなと思ったり…。
・自転車を漕ぐシーンで背景に写っていた東京の街が空虚すぎて、マイケルはどんな気持ちで自転車を漕いでいたんだろうと考えました。

普通の感想

続いて、ふつうの(?)感想。
・コロナ禍を扱った舞台は初めて観たので不思議な感覚。
・コロナ後に集まるシーンから役者がマスクをした途端感情が読みづらくなってハッとした!
今や日常になってしまったけど、やっぱり顔面の半分以上が見えなくなるって辛いな…。
・別れを切り出されたまみこが床をのたうち回るシーン、私は感情移入しすぎて直視できなくなるくらいだったんだけど、
男性客が割と笑っていて男女の感覚の差を痛感した(世代の差かもしれない)
・コロナ後に集合した後の土砂崩れっぷりに笑うしかなくなる!あるよね!こういうこと!!
・まみこの彼氏は本当〜に要らんことばっか言うし何もわかってないしダメ男だけど
舞台上の姿が格好良くて好きになっちゃう、みたいなのはわかる…。
普通はある程度のところで見切れるけど、ぐだぐだ続いてしまうのは界隈あるあるなんだろうか…。
・タイトル回収が良かったし、2回目見たら印象がガラっと変わりそう。
・今回私は全然知らない役者さんだったのが正解だったのかなと思う。
演じている姿がもしかしたら素なのではと錯覚できるくらい没入できたから。
もし知っている役者さんだったら、ここまで物語に没入出来なかったんじゃないかと思う。

最後に、凛太朗がなりたかったビリーたち。再演待ってます!!!!

youtu.be