Nagichan blog

夢かもしれない - 好きなものと観劇感想あれこれ

「17AGAIN」感想

今回は久々にリアルタイムな感想ブログです…
「17AGAIN」を観劇してきました!

今回は珍しく(!)「竹内涼真さんが観たい!」と誘われての観劇でした。
ネームバリューがある方が舞台に出ると、舞台ファン以外の層も引っ張ってこれるんだなと
実感…。
竹内涼真さんが好きな人はもちろん、ミュージカル好きにも是非観て欲しい作品です!!

youtu.be

劇場の様子

東京公演の会場は東京建物ブリリアホール。
初めて行く劇場かつ、見辛いことで有名(小声)なイメージがあったので座席は入念にリサーチしました。
(背が低めなので傾斜がないときついのです…。泣)
確実に段差があるであろう後方ブロック柵後ろの一列目の席にしたのですが、
視界を遮るものもなく、ばっちり見えました!おすすめ!!
あと思っていたよりもこじんまりとしていたので
個人的にはオペラグラスなしでも十分楽しめる距離でした◎

グッズは他の作品と特に変わりないのですが、
ホリプロさんは最近舞台写真を売り出してくれるのが嬉しいですね…!
(アリージャンスもスリルミーもしっかり買わせていただきました笑)
オリジナルフレームのプリも楽しかったのでオススメです。

楽曲・演出について

生バンドは良いですね〜!!バンドの皆さんは舞台の上の方にいらっしゃいました!
原作映画もミュージカルだと思い込んでたのですが、(ザックが主演だからかな…)
そうではないということで… 楽曲は軽すぎず重すぎず良かったです。
物凄く現代ミュージカルだな〜と思っていたらHSMも手がけたスタッフということで納得。

演出も観やすくて好きでした!
商業演劇では世界初演ということで、相当気合が入っていたのでは…
*この辺りの話はパンフに詳しく載っていたので、気になる方はぜひ!笑

各キャスト感想

竹内涼真さん
圧倒的な存在感と華、物凄いオーラ!!
歌も癖がなく聴きやすい!
正直制作発表の歌唱動画を見た時にはうーんと思ったのですが、超良かったです!
記事冒頭にリンクで貼ったダイジェスト映像よりもはるかに良い(爆)
そして…「23階の笑い」を観た時にも思ったのですが、映像系の人ってやっぱりお芝居が上手ですね…。
35歳のシーンは本当に冴えないウザイおじさんにしか見えなかったし、
1幕最後の追い詰められるシーンも好きでした…
舞台の表現方法にもカチッとハマっていて違和感なく見れました◎

ノリの良い曲では手拍子を煽ってくれたり客席の方を見てくれたり
"陽"の気が凄くって、スターってこういう人のことを言うんだろうなと納得してしまいました。
とにかくものすごく良かったので、他の舞台作品にも出て欲しいな…

ソニンさん
やっと見れた〜!!!泣
歌うまソニンさん!
珍しく(?)気性が荒くない普通の女性役でしたが、"幸せな家族"でグッと引き込まれて
"二人ならパーフェクト"で表情の変化にやられてしまいました…。
35歳女性のリアル…。

エハラマサヒロさん
作品の枠を踏み外さないアドリブ(日替わり?)が素敵!
面白すぎました。出てくるたびに笑ってた気がする。
「Amazonにもなかったのに田舎のトイザらスにあった!!」とか…笑

有澤樟太郎さん
おれたちの有澤樟太郎がヒール役!!!
徹頭徹尾いけすかないやつだったけど、憎めないところもあって
多分見れば見るほど好きになってしまうタイプの役ですね…。危ない。
有澤さんを初めて見たのが少年社中の「トゥーランドット」で、体格が良いイメージだったのですが、
竹内マークと並ぶと細くってびっくり。
"今を楽しもう"は振り切れまくってて爆笑しました。ベッドの下から登場の時点でずるすぎて笑、
これはラブシーン…なの?みたいな笑
もう一回見たいです。笑

WSSではソニンさんと有澤さんがカップル役だったのよね…見たかったなあ…

熊澤沙穂さん
校長先生の秘書役で歌い出し・踊り出した瞬間好き!となりました。
ビビッときた!笑
他の作品でもお見かけしたいな〜!!

おわりに

竹内マークの格好良さにガツンとやられて、爽快な気分と楽しい余韻に浸れる作品でした!
もし迷っている方がいたら全力でおすすめしたいですし、
ミュージカル、舞台おたくの方にもぜひぜひ観て欲しい!

各都市公演の千秋楽まで、無事に駆け抜けられることを願ってます!